今旬のワイン「アンフォラ」 ポルトガル「ヴィーニョ・ヴェルデ」生産者イベント

2017年11月29日 23:03
  1. ワインスクールTOP>
  2. ワインスクール講座一覧>
  3. 今旬のワイン「アンフォラ」 ポルトガル「ヴィーニョ・ヴェルデ」生産者イベント
2017年12月12日 20:59
今旬のワイン「アンフォラ」

ポルトガル「ヴィーニョ・ヴェルデ」生産者イベント

ポルトガル「ヴィーニョ・ヴェルデ」生産者イベント

[11月14日(火)]
ポルトガル「ヴィーニョ・ヴェルデ」
生産者来日イベント

~農学博士に聞く「ヴィーニョ・ヴェルデ」と
WSET認定講師による今旬のワイン「アンフォラ」~
 
今回ポルトガルトレード様のご協力により
特別価格でご提供です
好評につき満席になりました

ヴィーニョ・ヴェルデとは何か?
歴史、スタイル、リージョン、サブ・リージョン、ブドウ品種などについて、基礎から現地ならではの情報まで、詳しく解き明かします。

テイスティングは?
同じワインでヴィンテージ別の飲み比べや、エントリーレベルからハイレベルまでを飲み比べていただきます。


また、今旬のアンフォラワインについても、その性質と、なぜ今注目を浴びているのかについて、ワイン業界の動向をお伝えします。

※当日は通訳がつきます

 【ヴィニャ ダ ボウサ】
ヴィーニョ・ヴェルデのブドウ品種と言えば「アルバリーニョ」。ヴィニャ ダ ボウサは、アルバリーニョを100%使用したワインです。
今日本でも人気上昇中のヴィーニョ・ヴェルデですが、日本で出回ってる多くはエントリーレベルで、複数のブドウ品種がブレンドされており、中には、アルバリーニョが全く含まれていないものも多くあります。
日本の市場では数少ない、100%アルバリーニョを是非ご体感ください。
 
また、ほとんどが若飲み用として生産されているヴィーニョ・ヴェルデですが、今回は珍しい熟成タイプの試飲もあります。こちらは市場にはほとんど出回っておらず、生産者さんが特別に用意してくれました。今回だけの特別な試飲となっております!

 
《テイスティング》
来日生産者Quinta do Ermízio(キンタ・ド・エルミジウ)
ヴィーニョ・ヴェルデとアンフォラ- Outeiros Altos "Talha"


-Vinho Verde(ヴィーニョ・ヴェルデ)
Campo do Porral (カンポ ド ポラル)2016
Vinha do Cuco (ヴィニャ ド クク)2008※日本未入荷

Vinha do Cuco (ヴィニャ ド クク)2010※日本未入荷
Vinha do Cuco (ヴィニャ ド クク)2015
Vinha do Cuco (ヴィニャ ド クク)2016
Vinha da Bouca (ヴィニャ ダ ボウサ)2015
 
Vinha da Bouca (ヴィニャ ダ ボウサ)2016

-Anfora(アンフォラ)
Talha (タリャ)2015


合計8種類






【日時】
2017年11月14日(火)19:00〜21:00満席

【場所】
恵比寿校

【料金】
インポーターポルトガルトレード様のご協力により
特別価格でのご提供となりました!

LDV受講生、卒業生、そのご友人
4,320円(税込)⇒3,000円(税込)
一般
5,400円(税込)4,000円(税込)
※一般でお申し込みの方はお支払い方法がお振込のみになります

講師プロフィール

写真:パウロ・ラモス氏、アントニオ・モンテイロ博士
パウロ・ラモス氏、アントニオ・モンテイロ博士
プロフィール
    パウロ・ラモス氏
    ワイン醸造学を大学院で学ぶ。WSETディプロマ資格を保持し、WSETレベル1,2の認定講師。
    2008年にポルトガルで貿易会社を設立し、アジア市場向けに輸出を行う。
    2015年にポルトガル・トレード株式会社を日本に設立。

    アントニオ・モンテイロ博士
    Quinta do Ermízio(キンタ・ド・エルミジウ)のオーナー、生産者
    ポルトガルで最も有名な農学部がある大学、Instituto Superior de Agronomiaの教授。
    数世代に渡り家族代々ワイン作りを担う。

受講料

開講日時
定員 各回15名
授業料 3,000円(税込)
開催場所 恵比寿校

過去のイベント
  • ワインスクール 無料体験
  • ワイン 通販
2017年12月12日 22:42

お気軽にご相談ください

メニュー
0120-844-055平日 12:00 - 21:00 土日 11:00 - 20:00